任意整理にかかる弁護士費用が無くてもやれる方法!

任意整理,弁護士,費用

任意整理を弁護士に頼むとどのくいらい費用がかかるのですか?費用は不安ですよね。 任意整理をやることによって、利子分の減額や過払い金の返金などができるので、借入金の返済が一段と楽になります。 もっとも、これらの手続きは債権者側と交渉をし、合意が必要ですから、一般的には専門家である弁護士や司法書士に相談して任意整理を行っていきます。

そこで、気になるのは依頼にかかる任意整理の費用です。 せっかく借入金返済の目途が立つとしても、弁護士にかかる費用が高額であれば、ただでさえ金額がさほど存在しないにも関わらず、費用を支払うといったことができるのかという疑問が湧くかもしれません。

しかし、弁護士費用を支払うことが不可能という人はあまりいません。理由は、弁護士に任意整理を依頼すると、これまで支払っていた借入金返済が一時的に止まり、借金返済の催促も止まるので、例えば毎月3万円づつ借入金を返済していた場合はその分を弁護士費用に使うことができます。 なので、今まで借入金の返済を続けていた人は、任意整理の費用を賄うことができるということがいえます。 ただし、借入金返済を行うことができない状況の人は、任意整理ではなく、他の債務整理の方法を用いることになります。

では実際のところに任意整理にかかる費用は、まず、着手金として借入先1件につき約3万円から5万円の費用、もし、1つの案件で任意整理が成功すれば成功報酬として3万円から4万円、 さらに、借入金の利息分を減額させることに成功した場合は、減額報酬として減額金額の10パーセントから20パーセント分が弁護士費用ということになります。 また、他にも過払金の返金ができた時も、その取り戻した過払い金額の20パーセントから25パーセント分を報酬として弁護士に支払います。

これらは成功してから支払う費用なので、減額報酬や過払報酬に関しては自分が新たにお金の用意の必要は無いです。さらに、最近は着手金に関して、無料の弁護士事務所もあります。 任意整理を弁護士に頼む前に、普通はは任意整理の相談をします。その時に任意整理の弁護士費用について、尋ねてみて下さい。