自己破産をしてもクレジットカードは作れます?自己破産とクレジットカードについての情報サイト

自己破産とクレジットカード

自己破産をするとクレジットカードは持てないと言われますが、どうなんでしょうか!?

生活の様々な場面で便利に使うことができ、また普段の買い物や公共料金の支払いでポイントが貯まるなどお得に使えるクレジットカードですが、自己破産手続きの開始後はこれを作ることができないのでしょうか。

まず、自己破産をした場合、個人の信用情報を取り扱っている個人信用情報機関や日本信用情報機構、全国銀行情報センターなどに自己破産のデータが記載されます。

多くの金融企業やクレジットカード会社は、クレジットや融資の審査を行う際に、個人信用情報機関などにアクセスし、審査対象者が問題無く返済などを行うことができるかを審査します。

そのため、この個人信用情報機関などに自己破産の記録データが載ってしまうと5年から10年の間はこの記録が残り続けるため、この間においては支払い能力が低い、または信用できないなどとみなされるため、通常の場合クレジットカードを作ることは不可能ではないものの、相当に難しくなります。

また自己破産後、10年位の期間を経過した後も、記録が削除されずに残ってしまう事もあります。さらにデータの削除が行われたとしても、10年ほどの間全く借り入れやクレジットカードの作成を行った記録が無いということから、過去に自己破産などを行ったものと推定され、クレジットカードを作ることができない場合があります。これらが自己破産のデメリットです。

一方で、自己破産後の記録が残っている期間においても、現在の収入がある程度高く、支払い能力があると認められればクレジットカードを作ることが可能となる場合もあります。

現代の生活においてインターネット通販などでクレジットカードを利用する機会は多く、これが無いと不便であることも少なくありません。

自己破産等によって、クレジットカードを作ることは不可能であったとしても、これと同じように使用できるものを作ると言った手段もあります。

多くの場合、プリペイド方式や、支払いと同時に銀行から引き落としが行われる方式(デビットカード)のもので、通常のクレジットカードとはやや性質が異なるものの、支払いなどの便利さはさほど変わらないカードも多く存在します。自己破産をしても、これらのカードを作ることは可能です。

自己破産をしても、一生クレジットカードを持てない訳ではないので、このようなカードを利用するのも、一時的にはアリだと思います。