自己破産だったのですが費用がかかりました!

札幌での自己破産の費用

自己破産の費用についての情報です。自己破産を行なうのですから、お金が無い状況だと思われます。ですが自己破産には費用がかかります。ただ、自己破産のもたらす効果と現時点での状況を踏まえて、違った角度から費用について考えて見てください。

自己破産に必要な費用は、裁判所に関して支払うことになる費用と弁護士に支払う費用の2つがあります。 裁判所への費用に関しては印紙代や切手代が2~3千円ほどの費用が掛ります。 これらに関しては借入れ先の数などにより違ってきますので、一定額ではありません。更に自己破産だと予納金も必要で、同時廃止事件の場合は1万から3万円、少額管財事件ならば最低でも20万は必要となります。 自己破産の場合の弁護士費用についてですが、法律事務所ごとに自由に決定していますので、確定金額は出せないのです。

ですが自己破産の費用の一般的な価格は同時廃止事件で25万から30万、管財事件で35万円前後のようです。法律事務所の中にはホームページを使って自己破産等の価格を詳細に掲示しているところもありますので、依頼する前にそうしたものを調べておいても良いのではないでしょうか。 この様に自己破産には、ある程度のお金もかかります。しかし自己破産をやりたいと考えるように、このような費用を確保できないことも予想されます。家族や親族などにお金を用立ててもらえるなら大丈夫かも知れませんが、そうでは無い人は最後の切り札の手続きも受けられなくなってしまうのです。

それを考慮して近年は法律事務所もこういったことに合わせるように変わってきており、弁護士報酬を分割できたり、通常必要な着手金を無料としているところも見られます。この他相談だけなら自治体などが実施している無料の法律相談会があるので、そういったものを利用しても良いでしょう。弁護士、司法書士事務所も自己破産等の債務整理は、相談料が無料のところも増えてきています。 自己破産の費用についての考え方ですが、弁護士や司法書士に正式に自己破産の依頼をすると、今まで来ていた返済の督促が止まります。つまり、一時的に返済がストップするのです。今まで返済に充てていたお金を弁護士や司法書士に廻すことで、債務整理が可能になる方もいらっしゃると思います。 前向きに是非検討してみてはいかがでしょうか。